修道4年のタイキです!

初めまして、タイキです。広島修道大学の4年生です('ω')ノ

 

高校は廿日市高校(廿高)で、生まれてからずっと広島にいます。

 

大学に入ってからは、サンフレッチェ広島のシーズンパスを買ってEスタに通っていました。高校の頃からの友人が多く、楽しくキャンパスライフを過ごしています。『周一』の油そばを中毒になったように食べています(^^♪

 

修道大学は広島県内ではネームバリューがあり、まじめに勉強しなかった僕でも就職活動で内定をいただけました。あとは卒業して春から新社会人になるのを待つだけですが、大学時代にやっておきたいことが1つだけあります。

 

 

社会人になる前に

大学生の間にやっておきたいことはヒゲ脱毛です。

 

僕は中学生の終わり頃から急にヒゲが濃くなりました。顔色が生まれつき悪いためヒゲを剃ると青ひげになってしまいます。
剃ったばかりの朝だとまだ目立ちませんが、大学に行って親しい友人と会うと「今日も青ヒゲだな」といじられます。トイレの鏡で自分で見ても、うっすら青くなっているのがわかります。

 

ヒゲを隠すのに肌を焼いて黒くする方法もあるみたいですが、もともと肌が弱いので焼くこともできません。毎日のヒゲ剃りで、肌がますます弱くなっていてよくニキビもできてしまいます。とくに鼻下が厄介で、剃るのも大変だし常に荒れ気味。チョビヒゲにする勇気もありません。

 

思い切ってヒゲを伸ばそうと思うこともありましたが、ワイルド系ではなくどちらかというと陰キャなんで、絶対似合いません(*_*)

 

肌を焼くこともできない、ヒゲを伸ばすこともできないので脱毛しかないと考えたわけです。

 

でも男が脱毛するのには抵抗がありました。メンズエステとか全然知らない世界で、僕は完全に美意識低い系。しかし春から社会人になるので、それまでにヒゲ脱毛を始めておきたいと思い、とりあえず調べてみました。

 

 

知識ゼロからのヒゲ脱毛

はじめに知ったのは脱毛するのに2種類あること。1つは医療脱毛でもう1つはエステ脱毛です。

 

医療脱毛は病院やクリニックと呼ばれるところで脱毛します。基本的に医者が在中して、施術は医者か看護師がします。
一方、エステ脱毛は医者ではなく、エステのスタッフが脱毛してくれます。

 

医療脱毛の方が医者がいるので、もし肌トラブルがあったときは対応が良さそうです。エステでも肌トラブルがあったときは提携の病院を紹介してくれますが、医者がいたほうが安心だと思いました。

 

そしてエステ脱毛に比べて医療脱毛の方が脱毛マシンの出力を上げることができて、脱毛効果が高いそうです。永久脱毛にもなるらしくて、脱毛してしまえば次はかなり生えにくくなるということ。

 

僕の場合は、ヒゲ脱毛なので顔が傷ついたら嫌だから医者がいる医療脱毛にしました。その中でも費用が安い『湘南美容クリニック』にカウンセリングに行きました('ω')ノ

更新履歴